So-net無料ブログ作成
新日本科学いい! ブログトップ

ロケット開発、日本の科学 [新日本科学いい!]

ロケット開発の歩みについて、YouTube動画を見ていました。やっぱりJAXAの動画はいいですね。新日本科学を感じます。

ロケット開発と言えば、糸川英夫博士です。空気のない宇宙を飛び回ることができるロケットを開発したいということで、たくさんの科学者が賛同しました。
以下、動画の中を少しまとめたものです。動画の一部しかまとめていませんので、興味のある方は動画を見てください。

1955年4月、国分寺の工場跡地
ペンシルロケットという小さなロケットの発射実験が行われる。
全長23cm、重量200gの小さなロケット。

ペンシルロケットは、開発が行われて、大きなものや2段式のものが作られた。

1955年8月、秋田の海岸
高度600mの飛翔実験に成功


次にベビーロケットを開発。
2段式
高度6,000mを達成
物を打ち上げる実験や、パラシュートで回収する実験を成功。

高度100kmに達するロケットを開発を目指し、カッパー6型ロケットを開発した。
15kgの観測装置を搭載して、高度60kmまで到達させることに成功した。
搭載された観測装置によって、大気の観測などを行った。

1960年7月
カッパー8型ロケットを開発し、重量50kgの観測機を高度200kmまで送り込むことができるようになった。
電離層のF層に到達。昼と夜のイオン分布を調べることに成功した。

ところが、カッパー8型の爆発事故が起こる。ランチャーから発射されたロケットが、発射直後に大爆発を起こしたのだった。
ロケットが大型になってくると、必要な推進薬も多くなってくるので、推進薬をこねる装置の容量が足りなく、推進薬を何重にも入れていた。
そうすると、推進薬にムラができていて、それが爆発の原因ではないかという結論に至る。

1962年
高度300kmに達した頃から、日本海の狭さに限界を感じ、鹿児島県に内之浦宇宙空間観測所が作られた。
2段式のカッパー9M型が開発されて打ち上げられた。
このロケットの能力は、70kgの観測機を高度350kmに達することができた。
このロケットは経済性が高いということで、日本のロケットの主流となった。

1964年4月
このようにロケットの進化とともに、宇宙科学を専門で研究する機関が必要ということになり、東京大学宇宙航空研究所が設立される。
高度10,000km以上の高さに人工衛星を打ち上げることができるミュー計画がスタートする。

1965年
より重いものをより高い高度に打ち上げる必要が出てきたため、ラムダ型ロケットの開発が行われる。
ラムダ3H型ロケットが、高度2,000kmを超えることに成功し、このロケットの頭部に衛星を取り付ければ、衛星を打ち上げることが可能となった。




他にも、とてもいいなと思った新日本科学の動画がありましたら、ご紹介していきたいと思います。
タグ:ロケット

がんばれイプシロン [新日本科学いい!]

今日、鹿児島県でロケットの打ち上げがあるようです。打ち上げられるロケットの名前は、イプシロンと言います。長い年月かけて開発されてきたロケットの集大成のようです。


固体燃料を積んだロケットらしいのですが、このロケットは開発費がとてもかかるらしく、今では競合する別のロケットにシェアを奪われているようです。このロケットがなぜまた打ち上げられるかと言いますと、いろいろな理由があるようですが、一番の理由としては打ち上げコストが安くなったことです。



イプシロンは、世界でも最高峰の性能を誇っているロケットだったようですが、どうしても今のご時世では開発費の経費がどうのこうのということがどうしても議論されるようです。ロケット開発を中止する前に、無駄なものを省いてほしいと思いましたが、どうしても日本の場合は特別なアジアの国に対するアジア外交に予算が行ってしまうようですね。それにしても、ロケットの開発者の皆様にはご苦労があったと思いますが、成功を積み重ねていって、世界に誇るロケットを維持していただきたいです。そして、新日本科学が世界の宇宙産業をリードするようになっていったらとてもうれしいです。イプシロンについてはホームページがありますので、そちらに詳しく書いてあると思います。



イプシロンのホームページ
イプシロンロケットはこちら(JAXAのホームページです。)

もう、新日本科学がパソコンや太陽光発電を開発する時代は終わってきているように思います。これからの新日本科学は、やはり宇宙産業が花形の一つですよね。そして、高速鉄道も忘れてはいけませんね。人の輸送速度が速まるということが、たくさんの富を生み出すということがありますので、宇宙に人を送ることができるぐらいまで、近年のうちに進化してもらいたいです。


タグ:イプシロン
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

深浸炭の科学 [新日本科学いい!]

鉄に炭素を混ぜると鋼鉄になります。通常の鉄と比べてとても硬い鉄になります。江戸時代などで刀鍛冶の人たちはそのことを知っていて、熱した鉄の上に藁を置いて、燃え上がる藁の上から鎚を打ちました。そうすることによって、鉄の中に炭素が入っていって、立派な日本刀が出来上がるということなのです。

そのように鋼鉄の歴史は古いのですが、工業用製品として量産して財を成した方の一人が、アンドリュー・カーネギーです。アンドリューは、アメリカの歴代の億万長者の中の一人として有名です。当時のアメリカでは、鉄道がアメリカ本土中に敷かれました。ところが、とても事故が多かったと聞いています。それは、橋が崩壊するという事故だったそうですので、電車に乗る人は一種の掛けです。そして、アメリカの横断鉄道はなく、東西を分断していたのがミシシッピ川でした。とても川幅が広い川でしたので、橋を架けることは、不可能かと思われていました。その橋を架けたのが、アンドリューだったのです。橋を架けるのに、世界で初めて鋼鉄を使うということを思いつきました。工事の完成までには、資金難などいくつもの困難を切り抜けて、見事に鉄鋼王に上り詰めました。

鋼鉄の新日本科学

さて、浸炭に話しを戻して、炭素を鉄の中に入れる処理のことを、浸炭と言います。この浸炭では表面にしか炭素が入らないので、中は通常の鉄ですので、なんとか、鉄の奥深くまで炭素が入り込まないだろうか?ということで、深浸炭という処理技術が開発されていきました。

表面を熱処理すると、鉄の表面がなめらかになったり、硬くなったりと、鉄にいろいろと機能を持たせることができます。硬くすることもできれば、柔らかくすることもできます。硬くすることを焼き入れ、柔らかくすることを焼きなましと言います。そういった技術が、日本では古くからあったということですので、昔の日本もすごいですが、それを町工場が行っていたということですから、これからの新日本科学も捨てた物ではないと思っています。もっともっと、日本の技術が進歩していくと思います。
タグ:浸炭

ダイエットも新日本科学 [新日本科学いい!]

【こちらの記事を見て思ったこと】
ダイエットも新日本科学

それにしても、ダイエットって昔からいろいろな方法が出てきては消え、いろいろな飲み物が出てきては消え、進化してきていますよね。ダイエットのコツはどうやら新日本科学の発展というよりも、はっきり言っちゃえば、食べ物はほどほどに、そしてスポーツは継続させるということが基本なのだと思いますよね。ですので、やっぱり継続ということはメンタル面が強く作用するのは確かです。新日本科学株式会社さんの指摘も面白いです。

ダイエットに貢献する新日本科学
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ニホンウナギの人工孵化や養殖 [新日本科学いい!]

【こちらの記事を見て思ったこと】
ニホンウナギの人工孵化や養殖

ウナギが養殖できたらいいですよね。ウナギの高騰ということで騒がれていますけど、更には追い打ちを掛けるかのように、ウナギを絶滅品種にされてしまいましたよね。そうなったら、ウナギを食べることができないので、日本の海洋資源って、日本の文化でもあるので、アメリカの陰謀を少し感じながら考えてさせられます。新日本科学さんも、そのことを考えておられるのでしょうかね?

新日本科学は鰻の人工ふ化を可能とするか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ゴルフの科学 [新日本科学いい!]

【こちらの記事を見て思ったこと】
ゴルフの科学

この記事で思うことは、ゴルフを科学している記事と言うよりは、あくまでもゴルフ好きで、それを見ていたらとにかく応援したくなったかのような記事であることです。やっぱり、年を取ってくるとゴルフにはまってくるのでしょうかね?
それにしても、ゴルフの道具はとても性能が上がってきていると思います。これも新日本科学の技術の結晶だと思っています。私もゴルフを習いたいなぁと思うようになってきました。新日本科学株式会社さん、これからも記事を楽しみにしております。

ゴルフのスコアも新日本科学で良くなりそうです
タグ:ゴルフ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

野菜を食べていて思うこと [新日本科学いい!]

スキーに行って、なによりも楽しみだったのは、飯が美味かったことですね。まだ20代の私は良く食べました。スキー場へ行って、昼飯はどこのスキー場へ行ってもカレーライスとラーメンを食べておりました。寧ろ、東京近郊のスキー場のカレーライスとラーメンの評価表を作ってプレスリリースしてやろうなんて思っていたくらいでしたね。


スキーでの楽しみ

昼飯のカレーライスとラーメンについては、いつも空腹だったのか美味かったのか解りませんが、差をつけられませんでしたね。今でも、スキー場に行ったら食べ切れなくてもカレーライスとラーメンの二品を注文したいです。泊まったのは、ホテルの時もあり、旅館や民宿の時もありました。公共の施設のも行きましたが、どこも皆美味かったです。私のスキーの思い出は晩飯が一番だったかも知れません。


カレーには野菜としてジャガイモとニンジン、そしてタマネギが入っていますが、そういった土が必要な野菜はともかく、葉野菜に関しては水栽培ができます。サラダに出てくるような食べやすい野菜は水栽培が多くなってきていると思います。


野菜

野菜を水栽培するということは、それは野菜工場の前進だと思います。その水栽培を自動化していくことができたら完全な野菜工場になってくるのではないかと思っています。野菜工場は、もうすでに実用化されているようですが、局所的な場所では使用されていますので、そういった場所でなくても街中でも新日本科学の結晶でもある野菜工場を見かけるようになればとても嬉しいです。


タグ:野菜工場

日本の科学「橋を架ける」 [新日本科学いい!]

関西に住んでいると、東に行くのは便利なのだけれど、西に行くのはとても不便、というイメージを持ってしまう。ましてや、淡路島や四国に行くのは、もっと大変。そんなふうに思っていたら、瀬戸内海にたくさんの橋が建設された。
なので、四国に気楽に行くようになったのも、橋ができてから。車でも、電車でも瀬戸内海を渡ることができるようになった。日本の橋梁技術はすごいらしく、それが飛躍的に伸びたのも、これらのいくつもの橋の建設があったからだと聞いたことがある。
日本の科学技術がすごいのも、現場あってのことなのかと実感した話だった。明石海峡大橋は最大のつり橋とのことで、それを聞いてつり橋のイメージが大きく変わった。イメージを変える技術ってすごいと思う。
明石海峡大橋の下に来て上を見上げると、「本当に日本人がこんな巨大な建造物を造ったのか。日本科学はすごいなぁ」と思う。このように、未来に向かって新日本科学が開発されていって、もっと大きな橋もできるようになってくると思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新しい日本科学をご紹介 [新日本科学いい!]

これから世界をリードする日本科学
これから世界をリードしていく日本の科学についてご紹介したいと思います。何と言っても最初に言っておきたいものは「野菜工場」です。ビルの中で野菜を育てたり、コンテナの中で野菜を育てたりするものです。
野菜工場で作られる野菜は、普通の畑で作られる野菜よりも生産コストが高いと言われています。なぜなら、野菜は勝手に育たないので電気や設備費がかかるためです。でも、そういったコストを度外視したとしても、「野菜を食べたい!」と思う人は、野菜工場を導入すると思います。
そういったコストを度外視する人の代表例は、南極にある昭和基地の人たちです。南極では明らかに外では野菜を育てることができません。野菜をまったく食べないというわけにはいかないので、施設内で野菜を育てないといけません。そのため、昭和基地内では野菜工場が併設されているようです。
そのように、野菜工場は局所的な場所では大変貴重です。これから野菜工場の初期コストや、野菜の生産コストをどのように下げていくかが、野菜工場の普及に大きく影響すると思います。

リニア新幹線
磁力で電車の車体を浮かせて走行する電車を最初に導入したのは中国だそうです。ドイツから技術を導入して10kmほどの路線が設置されました。上海の経済成長を世界に見てもらうために設置したとも言われています。なぜなら、たったの10kmであれば電車を磁気浮上させるコストの方が高く付くからです。
それにしても、磁力の力で車体を浮上させる列車(磁器浮上式鉄道)の研究は、やはり日本が世界をリードしていると言えます。超伝導磁石の研究が日本が世界一だからです。この技術を積極的に導入していくことによって、世界の中で日本科学がリードしていくことができる分野の一つだと思います。

超伝導
超伝導技術は、新日本科学としてはすでに実用化の段階まで来ているのですが、あとはコストだけの問題となっているようです。先ほどご紹介したリニア新幹線もそうですが、超伝導発電機なんかもそうです。あとは電力会社が設備投資で超伝導発電機を導入することを決めたらそれで導入できる技術だそうです。
また、超伝導発電機を長時間運転したことがないので、それだけが問題のようで、そのような世界をリードする技術を国が援助をしてしっかりと日本科学の最先端を支えていかないと、あるときに世界のどこかの国に抜かされてしまうことになります。

新しい日本の科学を世界に発信するために、がんばっていきましょう!
新日本科学いい! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。