So-net無料ブログ作成

オーブンレンジの進化 [雑記]

電子レンジの普及率は高いと思いますが、オーブンレンジはそれほどでもないかもしれません。電子レンジは海外のものがとても安く買えるので、日本の老舗メーカーとしては、多機能なオーブンレンジで単価を上げていかないと利益が出てこないのではないかと思います。

オーブンレンジの進化で料理がらくになってきました。

そういった背景の中、我が家では電子レンジすらないので、電子レンジを購入しようかと思っていました。でもせっかく購入するのであれば、新日本科学に貢献したいということで、Made in Japanのオーブンレンジにしようと思って、オーブンレンジにどのような機能があるのかな?と調べていましたら、とてもいいものが多いということが分かり、びっくりしました。


シャープ「ウォーターオーブン ヘルシオ AX-PX3」
この機種は100℃以上に加熱された過熱蒸気で調理をするという機能がついています。蒸気の熱で過熱するスチームオーブンレンジですね。過熱蒸気で調理をすると、食べ物の組織の劣化を抑えながら調理できるので、食材のおいしさを引き出すとか。新鮮さが残っている感じです。
そして、最上位モデルには、タニタ食堂の「500kcal定食」の10種類のメニューが登録されているそうです。過熱蒸気のオーブンレンジのはしりでもあるのがこれです。

東芝「過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム ER-KD520」
食材の表面を高温でこんがり焼き上げる石窯を意識したオーブンレンジです。パンとかピザとか焼いたらおいしく焼けそうですね。過熱蒸気も最高400℃だそうです。立ち上がりの時間も短いのも特長のようです。

パナソニック「スチームオーブンレンジ 3つ星 ビストロ NE-R3500」
パナソニックもスチームですね。スチームがオーブンレンジの主流になってきましたね。こちらは、炭火で焼いたような遠赤外線を使っての加熱をしてくれるようです。3Dアンテナというのがあって、それで食材の状態をチェックしている感じで、加熱を集中させてくれるようです。すると調理時間が短くなって、省エネにもつながっている感じですね。

日立「過熱水蒸気ベーカリーレンジ ヘルシーシェフ MRO-BK1000」
こちらも過熱蒸気ですね。食パンを焼いてくれる時間が時短できるということが特長の一つだそうです。

他にもいろいろな種類のオーブンレンジがあって、今後どのようなオーブンレンジが主流になっていくか、技術の進化が楽しみですね。

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 7

コメント 2

センニン

ご訪問 & nice! ありがとうございました。
また遊びに来ます。
by センニン (2013-09-07 23:03) 

delpad

コメントをありがとうございます。
これから発展してもらいたい新日本科学を記事にしております。ときどき記事を更新しておりますので、よかったらまた見ていってください。
by delpad (2013-09-10 02:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。